つきかげ座とは

小島久弥子によるプロデュース制演劇ユニット。


観た人が月を眺めるように、優しさや喜び、幸せなどを思い出すような芝居を創ることを目指し命名。


主宰・小島久弥子

人形劇俳優の両親のもとに生まれる。幼い頃より、人形劇、児童演劇に慣れ親しむ。

 

7歳で詩を書き始める。18歳で初めて雑誌「詩学」(廃刊)に詩が掲載される。

学生時代に文学を学ぶ傍ら、能楽研究部で能に親しむ。

 

2013年、劇作家として活動を始める。

 

twitter/ note